勝田塾の特長
ここが違う!勝田塾
勝田塾の指導イメージ
勝つ子どもを育てる5つの特長
勝つ子どもを育てる5つの特長1

自ら進んで勉強に向かう仕掛け作り

自分の得意な部分をわかってやることで、やる気の花を咲かせます。
やる気を損なう負のスパイラルに陥る前に、わからなくなったところまでしっかり戻り復習します。
そもそも何が分かっていないのかを自分で判断することが必要です。
その上で自分の得意な部分やわかる部分を中心に広げていく授業を致します。
やる気がなくなる負のスパイラル
やる気がなくなる負のスパイラル
オリジナルカリキュラム表で、分からないところを把握します
勝つ子どもを育てる5つの特長1

一人一人の理解のパターンに合わせた教え方

授業中の生徒の様子や定期テストの分析により、適度な勉強量と理解しやすい教え方を講師が選択します。
どの生徒も最初から数百数千の単語を暗記し、サクサク計算式が組み立てられるわけではありませんし、
また同じ授業を受けても、理解できる生徒、理解できない生徒が出てきてしまいます。
これには、個々の脳の「理解の仕組み」が大きく影響しています。
実は、学習したことに対する「理解パターン」は人によって大きく2つに分かれています。
「文系脳パターン」「理系脳パターン」の2つですが、
このどちらなのかを早いうちに把握し、それに合わせた勉強法を取り入れていく必要があります。
苦手なパターンでの勉強を促しては、なかなか成績は伸びませんし、
何より本人が苦痛を感じ勉強嫌いになってしまう恐れもあります。
当塾では一人一人の脳の特性を見極めた指導法を取り入れています。
文系脳、理系脳の理解の性質を利用した個別指導例
文系脳、理系脳の性質を利用した個別指導例
文系脳、理系脳の性質を利用した個別指導例
単語を覚える作業とは
①脳だって細胞の集合体
 鍛えた脳は覚える単語量が増えていく
 →一人一人の適正単語量を把握し伸ばしていく
②「1回の質」よりも回数
 どれだけ書いて覚えたとしても思い出す作業をしなければ 記憶は劣化していく。
 →効果的に思いだし作業をすることで定着を図ります
勝つ子どもを育てる5つの特長3

勉強が習慣になる環境作り

継続して脳を働かせるために「週2回+自習2回」の通塾スタイルを定着させることで、
「覚えていられる」ことを体感させ、生徒の自信につなげます。
脳を鍛えるためには、なまらせず活性化させ続けることが大切です。
そのためには自分の学習ペースを作り上げ、繰り返しの演習をルーティン化することが大切です。
しかし、自宅にいるとついゲームをしたりテレビをみたりと、
たくさんの誘惑に負けてなかなか継続して勉強することができないものです。
そのため勝田塾では、教室を自習室として開放し、継続して勉強に取り組めるような環境作りをしています。
また、自習とはいえ講師に質問ができるところは、小規模塾ならではのサポート体制です。
勝つ子どもを育てる5つの特長4

授業ごとの明確な目標設定

目標を設定することで、生徒自身が今日何を理解しないといけないのかが分かるようになります。

勝田塾では毎授業ごとに「授業の計画書」を作成します。
そのために、講師側も生徒一人一人の授業に向けてしっかりと予習をし、何をどう伝えると良いかを精査しています。
またこの計画書は、授業前に生徒にも読んで説明し、
今日は何を理解してほしいのかを把握したうえで取り組んでもらっています。
こうした「目的を持った学習」をすることで、一日の学習がより実りあるものに変わります。
勝つ子どもを育てる5つの特長5

一週間単位の学習スケジュール

月~日曜までの一日も無駄に過ごさない「勝田式学習プログラム」で、
「やればできる子」で終わってしまっているお子様を「やってできた子」へ!
部活で忙しいお子様や、体が弱く長時間勉強できないお子様など、
一人一人の生活パターンや気力体力レベルはさまざまです。
学習を効果的に進めるには、一週間のうち1日も無駄にしない学習スケジュールが必要ですが、
それは決して「勉強し続ける」という意味ではありません。
テストまでの日数を考えて、必要な演習量を踏まえたうえで、
生活パターンに合った学習スケジュールを立てて、お子様の勉強時間を確保していきます。
また、詰め込み続けるのではなく、脳を適度に使う・休ませる、というメリハリをつけながら、
無理なく続けられるスケジュールを作成していきます。